合格おめでと!!

姪が中学受験に合格しました。
私は今28歳ですが姪の年の頃は
受験のことなど考えず遊び回っていたので、姪は本当によく頑張ったと思います。

中学受験は問題が特徴的で難しく、学校ごとにも出題傾向が異なるので
合格するのは本当に大変だったと思います。
この試練を乗り越えた姪を心から褒めました。

最初は、どうせすぐに投げ出すのではないか、落ちて自信をなくすだけではないかと
外野の私がネガティブなことを考えていましたが
姪は真面目に塾に通い、自分の苦手な教科も克服して
見事に勝利を掴んだのです。

受験合格はゴールではなくスタートです。
なのでまずは電話ですぐに「合格おめでとう」「これから頑張ってね」と伝えました。

しかし意外なのは、姪の中学受験合格は私にも嬉しい事件だったことです。
姪が受験が必要なような難しい学校に通うと思うと、
自分も誇らしく感じますし、ちょっとした話題の時にも
姪の通う学校名から、さりげなく自慢できるので
身内が早めに受験に合格してくれることは、
こんなにもメリットがあったのかと驚きました。

本当によく頑張ってくれたと思います。
姪に、親にはちょっと言いにくい何かあったときは、
他愛も無い相談に乗ってあげられる気さくなおばさんでありたいです。